いいお産とは何だろう?

iryou...3
 ※ クリニカルスペシャリスト

晩産化が進む日本社会で、出生数は年々減少しており、
人口の自然減に歯止めがかからない状況となっている。

特に低迷している20代の出生率を。いかにして上昇させるかが、
社会的に大きな課題となっている。

出産は極めて個人的な体験であり、1人1人異なる状況のもとで、
それぞれが思いを抱えて出産に臨んでいる。

誰もが自分に合った、もっともいい出産をしたいと願い、
妊娠中は体調を気遣いながら、様々な情報に接して学び、
無事に健康な赤ちゃんを産むことを楽しみにしている。

しかし、現状は妊婦が本当に必要としている情報は、
まだまだ正確に伝えられているとは、言えないのではないだろうか。

それぞれいろんな問題を抱えて出産を迎えるわけだが、
産む側の事情や希望が、十分尊重され配慮されて、
出産が行われているとは言い難いものがある。

そうした現実が出産に対して不安や不満を醸成し、
出生数の低下を招く遠因となっていると言える。

麻酔や薬剤、様々な医療技術を駆使した過剰な医療介入は、
母親から産む喜びを奪ってしまうものだ。

医療技術の進歩が、結果的に母と子の絆を弱めるものだとしたら、
こんなに皮肉な現象はない。

いいお産とは、母子ともに安全で快適な出産であるとともに、
出産後の母と子の絆が、より深まるものでなければならない。

女性が子どもを出産する機会が少なくなっている少子化の時代だからこそ、
もっと1人1人の出産が大切に、そして丁寧に行われることを願ってやまない。

以下、当サイトの出産関連の記事も、併せて確認していただきたい。

少子化時代のなか増えている不妊治療
もはや特別な治療ではない不妊治療
出産適齢期は何歳までか
深刻な産科医不足は改善されるか

※ この他の記事は、右側のメニュー欄に表示。

<<関連サイト>>

治験コーディネーターの看護師求人・募集について!~CRA、モニターについても
治験コーディネーター(CRA)や、臨床開発モニター(CRC)など、
いま注目の、治験の求人・募集情報を効率よく知るには!?
治験への転職は、一般企業への転職となり、給料アップや…

クラジミアに感染には恐ろしい弊害が….すぐに検査を受けましょう!
現在クラジミアは、20代前半女性の約1/3が、20代後半男性の約1/4が、
感染しているといったデータが上がっています。
ただ、クラジミアに感染していても、女性の約8割、男性の約5割が、
無症状であり、無症状のまま放置していれば、不妊の原因や….

介護職員初任者研修資格、通信講座で取得しよう!
介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の取得についてご紹介しています。
介護職員初任者研修講座には通信講座もあり、時間のない方も取りやすい資格。
2025年までに現在の1.5倍に人材を増やす必要がある、介護職員初任者研修…


コメントを残す